振袖は着れる時期が短い?レンタルで活用度が広がる!

振袖は結婚前の女性が着るものですので、せっかく作ってもらったとしても結婚してしまうと着ることができないので勿体ない、と思っている人が多いです。しかしちょっと工夫することで、長期間着て楽しむこともできるのです。レンタルの振袖ではできない楽しみ方をご紹介します。

振袖のレンタルは勿体ない?

振袖は高額になりますので、せっかく作ったものをリメイクしていくのは勿体ない、子どもが生まれた時に譲るようにしたいと考える人も少なくありません。親から子、子から孫へと着物を受け継いでいくのは素晴らしいことです。しかし着物はその特徴としてほとんど布を切ることが無く一本の反物から作られていますので、洋服よりも格段に簡単にリメイクを行うことができるのです。昔の人もそうやって、1枚の着物を仕立て直しながら着続けていました。その技術が今に生きていますので、成人式用にレンタルでなく購入した振袖なら、仕立て直しながら一生着ていくことができるのです。思い入れのある振袖を着続けて行きたいという時には、仕立て直しを考えてみてはどうでしょうか。

振袖を花嫁衣装にリメイク

振袖をリメイクすると、花嫁衣装にすることもできます。和装の花嫁衣装といえば白無垢だというイメージがありますが、江戸後期から昭和初期まで一般的な花嫁衣装となっていた「引き振袖」「おひきずり」といわれる衣装が人気がじわじわと出てきているのです。身丈を長くしてウエディングドレスのように床につく長さにしたり、裾の部分に綿を入れてふっくらとさせるのが特徴です。結婚式はウエディングドレスで、披露宴のお色直しで引き振袖を着るのもいいのではないでしょうか。振袖の柄がドレスにはない華やかさを演出してくれます。結婚式が終わったら訪問着にもう一度仕立て直すこともできますので、思い入れのある着物をフル活用したいという人にピッタリの方法ではないでしょうか。レンタルした振袖ではできませんが、購入しているならぜひやってみてはいかがでしょうか。

振袖を訪問着にリメイク

振袖は袖の部分が長く、丸みを帯びていてかわいらしさがあるのが特徴です。この袖を短くし、丸みをとることで訪問着に仕立て上げることができます。振袖によっては後々訪問着に仕立て直すことを前提にして作られていて、袖の部分の柄が一続きになっていないものもあります。袖の柄が大きく、繋がっているようなものは訪問着に仕立てるとなんだか不自然になってしまうので、リメイクにはあまり向いていないとも言われていますが一度相談してみると良いでしょう。注意点としては振袖としては可愛いものでも、訪問着に仕立て上げると派手すぎるというケースがあります。この場合には訪問着というよりもおしゃれ着としての利用しかできなくなってしまうこともあります。

人気ブランドドレスを豊富に取り揃えているトップウェディングは憧れのブランドドレスを見つけられます。 神社や仏閣で行う和装での挙式もプロデュースしています。 ドレス以外にハイクオリティーなサービスをご用意しています。 日本美容界最高の権威を誇るコンクールで最高賞受賞のスタイリストたちが多彩に活躍しています。 ご成約者様に期間限定で衣装レンタルが50%off&全国無料配送サービスをしています。 トップウエディングの振袖レンタルをするなら